本文へスキップ

株式会社 横須賀不動産鑑定事務所は地代・家賃・立退料の訴訟に絡む鑑定評価に強い会社です。

TEL. 03-3861-5299

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

税務上望まれる場合HEADLINE

税務上の鑑定評価

時価評価による相続税の申告
相続時における宅地の評価は、相続税路線価(1月1日現在の時価の80%)に基づいて行われ課税されます。 相続税法上の時価は、財産評価基本通達に規定された補正率を相続税路線価に乗じて求めますが、その補正率は画一的な補正率のため、不動産の個別性が十分に反映しにくく、求められた価格が鑑定評価の価格を上回る場合もあります。
そのような場合、相続税額を抑えるために相続財産を鑑定評価による時価で申告することができます。

相続財産の分配
相続財産の分配も、鑑定評価額に基づく時価により公平に行うことで、後のトラブル発生を防ぐことができます。

  • 【交換(同種資産・等価交換)】

同種の固定資産の交換
譲渡所得の特例の適用を受ける要件のひとつに『交換差金等が、いずれか高い方の価額の20%以下であること』とあります。この場合、交換する不動産の価額は鑑定評価によることが一般的です。

等価交換方式
等価交換方式によりビル・マンション等を建設する場合にも、課税上特例の適用があります。このとき、地権者が提供する土地等の譲渡価額や取得するビル床等の価額は鑑定評価によることが望まれます。

  • 【現物出資】

会社設立や増資時における金銭以外の財産の出資を、現物出資といいます。
現物出資の目的である財産が不動産の場合に、弁護士の証明を受ければ検査役の検査が不要ですが、弁護士は必ず、不動産鑑定士の鑑定評価に基づいて証明しなければなりません。

  • 【非上場株式】

会社の合併比率を算定したり、合併・被合併会社の株式を評価する際、その会社が保有する不動産の時価は、鑑定によって評価することが望まれます。

  • 【合併】

     会社の合併比率を算定したり、合併・被合併会社の株式を評価する際、その会社が     保有する不動産の時価は、鑑定によって評価することが望まれます。

  • 【負担付贈与】
    不動産を負担付贈与によって取得したときは、その不動産は時価により取得し たも    のとみなされます。このため、不動産の時価を鑑定によって評価することが 望まれま    す。

  • 【代物弁済】

    代物弁済により不動産を譲渡するとき、その不動産は時価により譲渡されたものとみ    なされます。このため、不動産の時価を鑑定によって評価することが望まれます。

  • 【分割】

    法人が共有する土地を分割するとき、時価評価に基づき合理的に行われれば、その     分割による譲渡はなかったものとして取扱われます。このため、不動産の時価を鑑定    によって評価することが望まれます。

  • 【借地権の設定】
    不借地権の設定により権利金等を授受するとき、その権利金等が土地の時価の2分     の1を超えるか否かによって、課税の種類が違います。このため、その土地の時価を     鑑定によって評価することが望まれます。動産に抵当権を設定する時には、その不動    産の担保価値を見極める必要があります。
    このとき鑑定評価を採用すれば、信頼性を確保し万全を期すことが出来ます。
 

  • 【「財産分与
    離婚等による財産分与で不動産を譲渡するとき、その不動産は時価により譲渡された    ものとみなされます。このため、不動産の時価を鑑定によって評価することが望まれま    す。





横須賀不動産鑑定事務所

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5299
FAX 03-3861-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp

横須賀グループ案内

税理士法人 横須賀・久保田
URL http://tax.yokosuka.jp