本文へスキップ

株式会社 横須賀不動産鑑定事務所は地代・家賃・立退料の訴訟に絡む鑑定評価に強い会社です。

TEL. 03-3861-5299

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

新着情報NEWS

GUEST HOUSE SANOSANCHI「和楽」泉佐野市日根野3261-1

1.日本家屋を活用して外国人観光客を誘致

大阪の関西国際空港から電車で2駅の泉佐野市日根野にてゲストハウスを提供するため、準備を進めて参りました。
5月になり、ようやく大阪府より令和初の国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(いわゆる「特区民泊」)事業者として認可を頂くことができました。



この物件はもともとは5人家族が住んでいた豪邸で、現在では建築困難なほど良質かつ希少な木材を使用していました。しかし、歳月が経過し、家族がそれぞれ独立していくと、
@高齢者だけでは広過ぎて使いきれないA維持管理が大変B駅から遠く、利便性が悪いといったことから、前所有者が悩みを抱えている状況でもありました。

このまま放置すれば、建物が傷んできて、やがて利用価値がなくなってしまう可能性がありました。
そこで、弊社にて物件を買取り、リフォームを実施し、送迎サービスを付加した民泊施設として活用することで、大切な思い入れのある、家屋を活用させていただくことになりました。
所有者様のご家族にもリフォーム後の状態を内覧いただき、とても喜んでおられました。
お正月には家族皆さんで泊まりに来て下さるとか。

元々の迫力ある大広間はそのまま残し、床下・天井には遮熱シート、壁にはロケットでも使用される断熱塗料を用いることにより、冬寒く、省エネ性能に劣るという日本家屋の欠点を克服しました。


そのほかの一部傷みの激しい部分は、下のような和モダンスタイルにリニューアルしました。
もちろん断熱性能も十分。
室内は既存壁を一部壊しつつ、欄間を設置することで、開放感をもたらしながらも、若干のプライベート感も残す工夫をしています。


水回り部分は経年により陳腐化していたため、浴室・洗面台・トイレ等は全て作り直し、ほのかなLEDをつけることで夜でも、利用者に安心感を与える落ち着いた雰囲気を醸し出しています。




そのほか、エコ給湯、太陽光発電設備を導入するなどして、維持管理費用かかる欠点を補いました。


グローバル化が進んだ今、国内の需要者に向けて賃貸物件を提供するのみでは、将来はないのでは?という危機意識とともに、折角事業をするのであれば廃れ行く日本家屋をどうにか活用できないか?という思いが相まって、日本家屋に注力した民泊事業を開始した次第です。

今後も日本家屋を取得し、観光資源として積極的に活用をすることを通して、日本家屋の価値を高めていきたいと考えています。

<参考>
国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(いわゆる「特区民泊」)は、地域を 限定して規制緩和を講じる国家戦略特区が指定されている大阪府域において、マンション などの共同住宅や戸建て住宅を活用し、大阪府知事認定を受けることにより、宿泊施設と して経営することができるものです。「特区民泊」は、制度上、住宅が立地する地域で実施可能です。
泉佐野市では、大阪府内 の宿泊施設が不足する中、宿泊・観光によるインパクトを最大限取り込み、市域活性化に資するため、住居専用地域を含む市街化区域全域(工業専用地域を除く)を実施地 域としております。
施設の認定にあたっては、大阪府から事業者に対し、施設近隣住民の皆様への事前説明、苦情窓口の設置、滞在者名簿の備付、対面等による本人確認などの措置が義務付 けられています。
弊社では、東京シナジーオフィスのテナントである、リアイバリュー株式会社さんに管理運営を委託し、様々なアドバイスを頂くことで、どうにか厳しい消防法令に従い、居室における防火・避難設備の設置、騒音等に対応することができました。
一つ会社ではできないことを、相互に補い合うシナジー効果を身をもって体感いたしました。

    

(文責 渇。須賀不動産鑑定事務所 代表取締役 林達郎)


横須賀不動産鑑定事務所

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5299
FAX 03-3861-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp

横須賀グループ案内

税理士法人 横須賀・久保田
URL http://tax.yokosuka.jp